トイレ周りと動線

家族構成からトイレの数や位置を決めていきましょう

外観だけでなく、間取りなど細部にこだわったマイホームを持ちたいという方には注文住宅がお勧めです。部屋の数はもちろん、家の中の動線までこだわったマイホームに住むことができます。注文住宅を建築する際は、設計図を作成する建築家にしっかり希望を伝えることが大切です。まずは、家族構成を頭に入れて部屋やトイレの数などを決めていきます。特にトイレは、生活していく上で家族全員が使う設備といっても過言ではありません。2つ以上トイレを設置するなら、使いやすい位置をよく検討することが大切です。場所を決める際は、トイレの匂いや水を流す音など実際に使った時のことも想定します。ただし、トイレでは水を使うため設計の時点で配管の位置も考えなくてはいけません。必ず、設計のプロである建築家の人と相談しながら決めていくようにしましょう。

動線からトイレの場所や広さを考えましょう

トイレの後に、手を洗いたいという目的で洗面所を近くに設置している家も少なくありません。もちろん、トイレの中に簡易式の手洗い場所を作っている家も沢山あります。大切なのは、生活していく上でどのような動線になるか考えていくことです。動線が決まれば、トイレの周りに置く設備も決まってきます。ある程度、トイレや洗面所等の場所が決まったら各設備の広さなどを決めていきましょう。ウォシュレットや暖房など高機能な便器の場合、意外とサイズが大きくて広さを必要とすることもあるので注意が必要です。広さに余裕がない時は、トイレのドアの位置などを考えないと中で動きにくいということも起こります。トイレに行くまでだけでなく、中の動線も考えながら設計していくことが大切です。

© Copyright An Order House. All Rights Reserved.